×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児教育

幼児教育の英語教育

2歳から3歳にさしかかるとDVDやテレビ番組、ビデオ、絵本などを利用してみましょう。

 

幼児教育の方法として映像や文字の教材を使用することは一般的な方法だそうです。

英語に関する幼児教育においても映像や文字の教材は一般的な方法だそうです。

 

親も一緒に楽しむことができるのであれば一番だそうです。

家事の間に映像に子守をしてもらうのも1つの方法だそうです。

 

長時間にわたってテレビに子守をお願いするのは問題だそうです。

短時間であればいいでしょう。

 

このとき、英語の映像を選ぶようにすれば英語が日常生活に溶け込んでくることでしょう。

 

3歳くらいになれば絵本にも積極的に興味を示すようになりますよね。

 

英語に関する絵本は様々な種類が販売されていますね。

いくつか試してみてはどうでしょうか。

 

映像で見たものは、実体験での裏づけがあって初めて意味を持ってくるといわれていますね。

 

ビデオやDVDの映像の中身は子供の生活や実体験に近いものを選んであげるといいでしょう。

 

ビデオやDVD、絵本などは子供の手が届く場所に置いておくことが必要だそうです。

 

絵本などはそのようにしておきましょう。

 

いつでも取り出せる状態にしておけば、子供が好きな時に取り出して絵本を読むことができます。

 

そのような日常が、より英語を習慣化できることにつながっていくと思いますね。

 

DVDやビデオなどは長時間見ると身体に悪影響を及ぼします。

 

だらだら見ない、見終わったらスイッチを切るなど、家庭でルールを決めておくことも大切だそうです。

幼児教育と英語教育

幼児教育としての英語教育に早期から取り組んでいると、日本語な発達に悪い影響を与えるのではないか、という疑問を持つ人がいますね。

 

早い時期から幼児教育に取り組んでいるのに、悪い結果につながってしまうとしたら残念なことだそうです。

 

日本語の習得をおろそかにすることは問題であるといえます。

 

複数の言葉を同時にマスターしも、片方の言葉の習得が遅れるということはないようです。

 

複数の言葉を習得したバイリンガルの子供は周囲の状況に応じて自然に言葉を使いわけているようです。

 

自然に言葉が出てくるので、『頭の中で混乱する』ということはありません。

 

日本語しか話せない子供と、英語も日本語も話せる子供に表面的な違いはありません。

 

違いが出るとしたら、物事の考え方に出るようです。

 

普段の日常生活において英語に触れた生活をしていると、日本とは違う世界があるという認識を持つようになりますよね。

 

日本人とは違う世界観や価値観を持った人が存在することを、当たり前のように受け入れます。

 

バイリンガルでない人は『正解は1つ』と決めたがるのに対します。

バイリンガルの人は『正解はある』という思考を持っている、という説もあるようです。

 

幼児教育としての英語教育の結果、英語の点数がいいとか、発音がきれいであるといった目に見える部分の成果がありますよね。

 

本当の英語教育の目的は子供の内面に対しての成長にあるのかもしれません。

 

さまざまな文化を許容します。

多様な考えを持つ人たちを受け入れる考えは、将来大きな財産になってくると思いますね。