×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児教育

幼稚園の目指す幼児教育

幼稚園の目指す幼児教育とは、どのようなものなのでしょうか。

学校教育法に幼稚園の目指す幼児教育についての記述がありますよね。

学校教育法には『幼稚園は、幼児を保育します。
適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする』とありますよね。

この法律に基づいますね。
これを達成するための方針が具体的に示されているのが『幼稚園教育要領』だそうです。

幼稚園教育要領には『幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本とする』と示されていますね。

『環境』という言葉が使われていますね。

普段の生活の中で使用している『環境』という言葉は、生活環境、環境問題という言葉でしょうか。

『環境』と聞いて思い浮かべるのは幼稚園の建物や施設、設備、道具や遊具などだそうです。

学校教育法で述べられている環境とは、親や教師など人的環境についても含めているようです。

教育要領では、幼児期にふさわしい生活が幼稚園で提供されること、遊びなどを通して教育ができること、園児の特性にあわせて一人一人の指導を行うことなどが示されていますね。

幼稚園に通うということは、これまでの家庭での生活とは別の世界に入っていくということになりますよね。

遊び友達や教師とのつながりの中で、人間関係を学んでいくことになりますよね。

幼稚園での幼児教育で一番のポイントは『家庭生活以外での初めての集団生活の場所である』というところでしょうか。

幼稚園の中で、一人一人が社会性を身につけていく場所が幼稚園というところだそうです。
記憶術の渡辺剛彰氏

幼稚園の目指す幼児教育関連エントリー