×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児教育

幼児教育と脳

幼児教育では脳への刺激が大切であるといわれていますね。

脳が急速に発達する3歳くらいの時期に幼児教育を行うとよい、という考えがありますよね。

脳への刺激は3歳位の敏感な時期に行わなければならず、あとになってからでは遅いという話も聞いたりしますが本当でしょうか。

脳の発達とはどのようなことを指すのでしょう。

脳の発達とは脳細胞の繋がりのことをいいますね。

脳細胞には突起がついており、その突起同士に電気が通りやすい回路をつくっていくことになりますよね。

脳が発達するということは、この繋がりが上手に出来て機能が向上することを指すようです。

脳の細胞は100億以上あると言われていますね。
これらの細胞が複雑な回路を組み上げていくのだそうです。

これら多くの組み合わせも、使用するのかというと、そうではありません。

使用しない組み合わせは解体されていきます。

組み合わせを作る作業と解体していく作業は一生続くと言われていますね。

3歳までに作られた組み合わせも使用しなければ解体されてしまうのだそうです。

多くの刺激を3歳までの脳に与えたとしても、使用しなければ消滅してしまうのだそうです。

多くの刺激を受動的に受けるというより、自発的な刺激を受ける雰囲気と機会を作ってあげることが大切であるようです。

テレビをずっと見せているよりは、自然の中で風を感じたり土の匂いを感じたり。
虫と戯れたりという刺激が脳にとってはいいようです。

結果をいえば、特別な刺激を与えなくてもいいようです。
記憶術の効果

幼児教育と脳関連エントリー