×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児教育

幼児教育と成功方法

アメリカの小児医学教授であるレヴァイン博士は子供を成功させる方法の7か条を唱えていますね。

この内容は、幼児教育を行うにあたり大変参考になることであると思いますね。

第1は、子供が興味を持ったことに対します。
親も同じように興味を示すことだそうです。

子供と同じ目線に立ち、様々な問いかけをします。
考える時間を与えることが大切であるようです。

時には自分で考えた結果を正確に話すことができるように誘導してあげることもいいでしょう。

第2は、学校で習ってきた内容に対し興味を示すことだそうです。

どんなことに対しても問いかけてみましょう。
復習にもなるはずだそうです。

第3は、読み書きを練習する時間を確保してあげることだそうです。

小学校に入学する前であっても読み書きの練習はできるはずだそうです。

第4は、宿題を行うための静かで、落ち着く環境を作ってあげることだそうです。

宿題を行う習慣づけをします。
子供の質問にはいつでも答えてあげることが大切であるようです。

間違っても親が子供の宿題をしてはいけません。

第5は、塾やお稽古は一週間のうち3日までとすることだそうです。

子供が自由に遊ぶことに、想像力を養うことにつながっていくようです。

第6は、宿題を避ける傾向があれば、その原因を突き止めることだそうです。

必要であれば専門家に相談することも必要となってきます。
宿題を避けることには、必ず原因があるそうです。

第7は、成績の良し悪しで褒めるのではないそうです。
やり遂げたことに対して褒めてあげることだそうです。

幼児教育を始める人は参考にしてみてはどうでしょうか。
記憶術の方法

幼児教育と成功方法関連エントリー