×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児教育

幼児教育と英語教育について

早い時期から幼児教育として英語教育に取り組んだ結果、少々でも英語を身につけたとします。

幼児期の幼児教育で得られた成果というものは、大人になってからでも残っているのでしょうか。

幼児期に英語圏の国で生活します。
英語がペラペラな状態で日本に帰国した時、英語は大人になっても残っているのでしょうか。

外国に暮らすようになった子供は大人に比べて現地の言葉をマスターすることは早いといわれていますね。

子供は周囲との同化意識が大人と比較して強く、現地の子供と触れ合っていくうちに、早く環境になじみ、周囲に溶け込もうとするからだそうです。

生まれた時から8歳ころまで外国で暮らします。
日本に帰国して外国の言葉を使用しない生活をした人がいたとします。

そのような人は成長するにつれて、マスターしていた外国の言葉を話せなくなってしまうようです。

幼い頃にマスターしたとしても『一生覚えている』ということはないようです。

家庭での幼児教育で多くの英語に触れ、ある程度のマスターできたとしても、幼稚園などに通園するようになれば、しだいに家庭で覚えたことは忘れてしまうかもしれません。

英語教育を通しての親との触れ合いやコミュニケーションが楽しかった場合、それらの思い出は一生残っていくでしょう。

楽しい思い出が残れば、将来自分から積極的に英語の学習に取り組むようになるのかもしれません。

言葉を残すより、楽しい思い出を残したほうがいい、ということであるようです。

幼児教育と英語教育について関連エントリー