×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児教育

幼児教育バイリンガル

これからは国際化の時代であるといわれていますね。

わが子にはバイリンガルになって欲しいと思う親もいますね。

英語が上手に話すことの出来ない親であればなおさらだそうです。

英語のビデオを見せたり。
英語の曲を聞かせたりして、早期から英語の幼児教育に取り組んでいますね。

言葉の習得は、その言葉が必要であるかどうか、その言葉を話すことによる喜びがないとマスターされません。

英語の刺激を与えたとしても、自分の役に立たなければ記憶から消えてしまうのだそうです。

脳細胞も使用していない回路は解体されてしまいますね。

アメリカで6歳まで生活して英語を自由に操ることができる子供であっても、日本に帰国した途端に英語がしゃべれない子供になってしまうといいますね。

実際にそのような子供はいますね。

日本で生活するには英語は必要でないからだそうです。

英語を話すことによる喜びを6歳では見出すことができないからだそうです。

幼児期ではないそうです。
もう少し大きくなれば別の目的を探して、なぜ英語をマスターしなければならないのか、という目的に向かって学習できます。

このような場合であれば英語も記憶に残っていきます。

小さい幼児に沢山の刺激を与えたとしても本当に必要でなければ身についていきません。

刺激を与えるだけの幼児教育は意味が無いといわれていますね。

英語をマスターさせたいのであれば、英語を話したり聞いたりすることによる喜びを幼児に与えてあげることが大切であるようです。
記憶術のやり方

幼児教育バイリンガル関連エントリー