×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児教育

幼児教育はアルク?

0歳時から始めるバイリンガル教育というキャッチフレーズで英語の教材を提供しているのはアルクだそうです。

アルクでは幼児教育として長年培ってきたノウハウがありますよね。
長年の経験から教材が開発されていますね。

0歳から3歳までは『エンジェルコース』というプログラムが提供されていますね。

乳幼児期は言葉をどんどん吸収していく時期でありますよね。

アルクの教材の特徴は、この時期に英語を繰り返し聞かせることで、英語を聞き取る耳の機能を養っていこうとするものだそうです。

エンジェルコースの方法は1日30分間CDを聞かせるというものだそうです。

1日30分を毎日繰り返すことにより、耳の機能の向上を図っていきます。

CDにはグリム童話やアンデルセン童話のほか、マザーグースや遊び歌などが収録されていますね。

母親の優しい声が語りかける、親と子供の会話なども収録されていますね。

『童話』や『親子の会話』の合間にはモーツァルトの曲が収められていますね。

モーツァルトの曲には、集中力や記憶力を高める効能やリラックス効果があるといわれていますね。

これらの効果を期待すること以外にも、さまざまな音域の音を聞き取る耳の機能を高めていく目的があるようです。

エンジェルコースのナレーションはアメリカ英語ではないそうです。
イギリス英語となっていますね。

イギリス英語の周波数はアメリカ英語の周波数よりも高いといわれていますね。

幅広い周波数の音に対応できるようにイギリス英語を採用しているようです。

アルクの教材は、胎児の段階から使用することができます。
早期からの幼児教育を考えている人にはお勧めの教材だそうです。

幼児教育はアルク?関連エントリー